FC2ブログ

プロフィール

オアシス

Author:オアシス
北海道SM

北海道SM調教室のオアシスです。

私はフェミニストのSです。

ですので、この調教室はM女の皆さんのために開室されています。
私はM女の皆さんが心と体が解放され、本来の自分の性と向き合うことにより、
女性としてより綺麗に妖艶に輝いて頂きたいと切望しております。
SMは怖い、痛い、汚い、イメージをお持ちの方もいるかと思います。
ですが私は、M女の皆さんの希望に沿ったプレイを心がけております。
ですので、個人情報、マナー、清潔感には気を配り紳士的に応対いたします。
調教を受けたM女は間違いなく綺麗になっていきます。これはホルモンの作用もあると思いますが、満たされた気持ちになりストレスも緩和され、体も感じやすくなるようです。

まずはメールからでも 
勇気を持って一歩を踏み台してみてください。 



自分にS嗜好があるのに気づいたのは多分小学生の高学年の頃と思われます。

祖父の家に泊まりに行った時に、同居していた叔父の部屋にあった成人雑誌に掲載されていた写真に釘付けになり、脳裏から暫く離れず、異様に興奮した記憶があります。

その時に見た写真には、女性が緊縛され拷問を受けている様子が写し出されていました。

その後SMは自分にとって空想、妄想の世界でしかありませんでした。
数年前あるサイトでカミングアウトしてから、数名のM女と会う機会があり、やっと現実のものとなりました。 今更ながらSMの奥深さを感じている日々です。

北海道でパートナーに廻り合い、調教ができる機会はそんなにはありませんが、過去から現在に至るまでプレイをしたM女との調教日誌なを綴っていきたいと思いますので、よろしく願います。

また僕の調教に興味がある女性はお気軽にメールフォームよりお問い合わせ頂けたら嬉しいです。北海道でSMに興味がある女性はもちろん、それ以外の地域からも歓迎です。


お問合せ



最新記事


最新コメント


カテゴリ


ブロとも一覧


アクセス


SM book


バーナーリンク



SM変態マニア密会クラブ


掲示板



北海道SM
63448489_2149333986_136large.jpg
北海道SM 調教室 管理人のオアシスと申します。
数年前あるサイトでカミングアウトしてから、数名のM女と会う機会があり、やっと現実のものとなりました。 
今更ながらSMの奥深さを感じている日々です。
過去から現在に至るまでプレイをしたM女との調教日誌などを綴っていきたいと思いますので、よろしく願います。
また僕の調教に興味がある女性はお気軽にメールフォームよりお問い合わせ頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : SM・緊縛 - ジャンル : アダルト

コメント

こんばんは。

どうして
こんなにM女に
出会えるのかしら??

risa さん コメントありがとうございます。
僕としては決して多い方とは思っておりません。
信頼関係が構築でき、新たにプレイができる方は年に数名ほどです。
また 実際のM女とのプレイも月に1~2度程度です。
ただお会いできたり、主従関係を結べるM女の方々はみなさん とても素敵な方々です。そんなM女たちが自分をフェミニストのSして成長させてくれますので、とても感謝しております。

年に数名もいたら
多くないですか??
皆さん貴方様の調教から
離れられないと見ました。

某サイトでは
出会えないと、喚くメンズばかりでしが...笑

Re: Re: タイトルなし

> > risa さん、ありがとうございます。
> 今まで出会ったM女の皆さん、そしてこれからも出会うであろうM女の皆さん、一人一人を大切に思い向き合っていこうと思います。

おはようございます。

わたしがしてるのは日記の通りで
こちらのM女様方とはほぼ変わりないですが

オアシスさんが何人ものM女を相手しているのは
皆さん理解してのプレイのブログの訳ですが
私には理解に苦しむところでした。
私なら
冷めるんです...
なのでSMがよくわからないわ...

非難しているわけではなく
私と貴方のセックスの在り方の違いであり
気分悪くされたならば
お許しくださいませ。


>気分悪くされたならば、お許しくださいませ。

とんでもないです。嗜好の受けとめは多種多様で結構と思います。

ただ僕はSEXがしたいのではなく、SMプレイを楽しみたいところに主軸があるので、そこには必ずしも性交がなくても満足しております。

ご理解頂き嬉しいわ。
ありがとうございます。

性交はナシですか?

それはいいですね。

私はセックスよりオナニのほうが
好きですが...

セックスは
なかなか
いかないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |